ベジタリアン・ヴィーガンOK!ラーメンが食べられるお店

ベジタリアン対応、ヴィーガン対応のラーメンが食べられるお店を集めました。

ベジタリアンやヴィーガン(ビーガン)の方はラーメンのスープに使われるお肉や骨、魚介類に困ることが多いのだとか。
でも最近は、野菜の旨味を活かしたスープとグルテン・フリーの米粉麺などを使ったラーメンを提供するお店が増えているんです。
ノンヴィーガンも魅了する、ヘルシーでお野菜の旨味たっぷりのラーメンは試してみる価値アリです!

サラダを食べる

ベジタリアンとヴィーガン(ビーガン)ってどう違うの?

ここ数年よく耳にするようになった「ヴィーガン(ビーガン)」という言葉。ベジタリアンとはどう違うのでしょう?
植物性食品と乳製品、卵を食べる一般的なベジタリアンに対して、植物性食品のみ食べるのがヴィーガン(ビーガン)。そのスタイルから「ピュア・ベジタリアン (Pure-Vegetarian:純粋菜食)」とも呼ばれているそうです。

日本ベジタリアン協会によると、ベジタリアンは次のように分類されるそうです。

・ラクト・オボ・ベジタリアン (Lacto-Ovo-Vegetarian:乳卵菜食)
植物性食品と乳・卵を食べます。欧米のベジタリアンの大半がこのタイプだそうです。
・ラクト・ベジタリアン (Lacto-Vegetarian:乳菜食)
植物性食品に加えて乳・乳製品なども食べます。
・ビーガン(Vegan)、ピュア・ベジタリアン (Pure-Vegetarian:純粋菜食)
植物性食品のみ食べ、動物の肉(鳥肉・魚肉・その他の魚介類)と卵・乳製品を食べません。

一口に「ベジタリアン」と言っても、そのスタイルや食べる物によって違いがあるんですね。

グルテンフリーのパスタと野菜

ヴィーガン(ビーガン)と一緒に食事を楽しもう

もしあなた自身がヴィーガンでなくても、ご友人やビジネスで海外から招いたゲストがベジタリアンだったら……?
一緒に食事を楽しむなら、ベジタリアンメニューやヴィーガンメニューを用意しているお店を利用するのが安心ですね。 事前に連絡すると通常メニューをベジタリアン対応メニューに変更してくれるお店もあります。
まんぷくベジでは、それぞれのお店のページでそれらの情報をチェックすることができます。 ぜひ、ヴィーガンとノンヴィーガンが一緒に美味しいお料理を楽しめるお店を見つけてくださいね。